西沢整形外科クリニック 院長ブログ

天満の繁昌亭

2018/4/29

愚息と天満の繁昌亭へ落語を聴きに行った。

昨日まで、学校の宿泊訓練だったので、ハイキングはいやだとぬかしやがるのである。

受験勉強ばかりで、教養のかけらもない中学生だから、ちょうどいいとでかけた。

たまたま連休中で、朝からの出し物があったのである。

昔は土曜日の午後など、お笑い番組で落語がよくかかっていた。今は下衆な笑いばかりだから。

息子にとって文楽なみにとっつきにくいものらしい。

繁昌亭

若手、中堅、ベテランの3人による。

1席めは古典の「七度狐」。若手とベテランのリレー落語である。一生懸命なんだけど、若手君。笑えない。余裕がない。

さすがベテラン。息子も笑いこける。また古典の哀しさ。死語と化した言葉は、丁寧に解説してくれる。通じないのである。

言葉は生き物とはいえ、少し寂しい。

2席目は、中堅さんの新作。といっても新作という旧作を今風にアレンジしたものらしい。そりゃ三枝さんに熱狂していたのが私が小6の時。

3席目はベテランさんの古典。を今の政治を風刺しつつ短く。

休みなく1時間40分。

値打ちあったぁ。

昼は息子のリクエストで天王寺で串カツ。ちょっとした店のランチより高くついた。飲み過ぎか(笑)。

息子も、いろいろ勉強せなあかんことに気が付いたようで、まぁよかった。

西沢整形外科クリニック院長ブログ
西沢整形外科ページトップへ