西沢整形外科クリニック 院長ブログ

マウスガードの重要性

2018/5/28

一昨日は、大阪府ラグビーフットボール協会医務委員会の総会でした。

ラグビーは徐々にすそ野が拡がり、試合、大会が多くなってきています。女子ラグビー然り、7人制然り。

昨年は800以上の試合が組まれたとの事です。

それを20数名の医務委員がマッチドクターとして出向くわけです。しかもほぼ手弁当でね。

僕のような新参者は、ベテランの先生方に尊敬の念以外もてません。

その総会の前に、テーマを決めて勉強会を開催しています。

府ラグビー

今回は、口腔領域の外傷がテーマでした。

ラグビーに限らず、歯や顎の怪我が多いことに驚きました。

怪我をゼロにすることはできないけれど、唯一の手段が「マウスガード」です。

マウスピースですね。これだけで相当の怪我が救える。

難点は保険が使えないので、高価であること。私が作った時は1万円くらいかかりました。

でもね、若いうちから入れ歯、継ぎ歯はいやでしょう。

また子供は乳歯だから安心かというとそうでもないようです。

乳歯を傷めると、その奥にある永久歯の成長に影響が出る場合があるそうです。

相手との接触が起りうる競技、格闘技・サッカー・バスケットボールもそう、多くのスポーツでマウスガードの装着が拡がればいいのにと思います。

そのためにも保険適応を強く望むところです。

西沢整形外科クリニック院長ブログ
西沢整形外科ページトップへ