西沢整形外科クリニック 院長ブログ

整骨院は肩こりでは通えません

2018/11/5

今日の夕刊を見て、ため息がでる。

プロ野球を故障で引退した選手が、柔道整復師となり整骨院を開業するのだという。

これはいい。立派なことだ。

だが、「肩こりや腰痛の方を診る」という。

ちょっと待て。

柔道整復師は柔道整復師法という法律で「捻挫、打撲を扱う」となっている。

肩こり、ケガによらない腰痛は扱ってはいけないのである。

私たちが何度訂正を申し入れてもこれである。

どうせ法律を勉強する気もない、社会部の記者なんだろう。

どれだけの健康被害が出ているのか、知らんのか。

今や、コンビニより多く存在する整骨院。雨後の筍のごとく出店しているが、打撲と捻挫を扱うだけなのに、なぜ倒産することなく、続いているのか?

皆さんそんなにケガばかりしているのか。

そういえば、私が出向いている、整骨院の請求審査では、なんと80%近い患者さんが常に三か所の捻挫か打撲で通院してらっしゃる。

日本だけにみられる、不思議な光景である。

西沢整形外科クリニック院長ブログ
西沢整形外科ページトップへ