西沢整形外科クリニック 院長ブログ

TOP > 院長ブログ

2014/10/24

整形外科では、交通事故でお怪我をなさった患者さんが多く通院されます。 その場合、健康保険でなく通常は相手方の自賠責保険・任意の損害保険を用います。 本来はその都度患者さんに自費でお支払いたくのが正しいあり方ですが、それでは大変なので、医療機関が代理請求をする形となります。 ところがその保険会社も千差万別。時にはタチの悪い会社が混じります。 支払拒否するところがあります。

2014/10/22

高野連が来年の地方大会から延長タイブレーク方式の導入を決めました。 TV中継のためにラリーポイント制を導入したバレーボールに、勝るとも劣らない愚行といえましょう。 選手の健康をいうなら、投手のそれと等しいわけですから、投球数制限をすればいいだけの話。 野球肘は欧米では児童虐待ととられます。 高野連の内部事情を想像します。 継投になると登録選手を増やす必要がある。すなわち経費が増える。

2014/10/21

安倍内閣の目玉?であった女性閣僚が二人辞任しました。 夜の報道番組と称する番組は、革命でも起こったかのように放送していました。 国政から見れば、些事ではないかと私は思うのです。 彼女たちの責任は免れないと思いますが、原発の再開問題やTPP監督官庁の大臣としての仕事ぶりを監視するのが報道の役割ではないでしょうか。

2014/10/20

先週末、娘の大学では学園祭が行われました。 11月からは推薦入試が始まるから早いのだそうです。 娘の話を聞いてビックリ! 出席が必須だそうで、しかもご丁寧にも存在証明のために その日に行われる各種イベントのスタンプラリーをするんですと。 「アホカイナ」 思わず口から出ましたね。 大学へは学問をしに行くわけですから、授業に無関係なものへの出席義務はありますか?

2014/10/17

整形外科の開業医をしているので、中学校の生徒さんがクラブ活動がらみでよく来院されます。 しかたのないケガも多いのですが、いわゆるスポーツ障害も多く見ます。 4月を境に、今まであまり来なかったクラブの生徒さんが増えることがあります。 「顧問変わったでしょ?」と尋ねるとほぼあたりです。 やり方がもう無茶苦茶ですね。欧米なら虐待と糾弾されるでしょう。 身体じゅうから怒りがこみ上げます。

ページ

西沢整形外科クリニック院長ブログ
西沢整形外科ページトップへ